トップボードの3つの役割

この記事では、トップボードの役割を解説します。

2021.10.03

トップボードの役割は大きく3つあります。

1.認知誘導
2.装飾、賑やかし
3.オペレーション補助

他にもたくさんの効果がありますが今回はこの3つを解説します。

1.認知誘導

ここに「こんな商品がある」「こんなコーナーがある」などを教えてくれます。
目につく位置にあり、探している人はもちろん探していなかった人も、目に止まり
興味を持ってもらうことができます。

2.装飾、賑やかし

店舗の装飾としても抜群です。
トップボードがあるとないでは、その売り場の活気が変わります。
トップボードを置くことで「コーナー展開をしている」「こんな商品を特集している」など
その売り場、棚の存在感をアップしてくれます。

3.オペレーション補助

内容を工夫するだけで
店員の代わりに、商品情報や、選び方のコツなどを教えてくれるツールとしても活用できます。
「スペックの早見表」や「比較表」など表現する内容次第で、店員いらずのツールにもなります。
店員が居なくても、商品の良さを伝えてくれるツールとしても役に立ちます。

このように、ツールの役割を知っておくと
トップボードの訴求内容や使い方にも「幅」が出てくると思いませんか?

是非、そのツールの役割を発揮できる売り場作りをお試しください。

Categories:

Search